新しいアパートに引越をしたらカーテンが長過ぎた

私は、新しいアパートに引越をしたとき、困ったなあと思ったことがありました。それは何かというと、その新しいアパートでは、前に使っていたカーテンのサイズでは合わないということがわかったからです。具体的に言うと、前に使っていたカーテンは、新しいアパートの窓に対して長すぎたのです。
本来ならば、その時点で新しいカーテンを買うべきなのでしょうが、私はそのときあまりお金を持っていなかったため、もう少しお金に余裕ができたらカーテンを買おうと思っていました。
しかし、なかなかその機会は訪れず、ついには次の引越までそのカーテンを引きずったまま使ってしまいました。その間、部屋に訪れた友達からは「カーテンの長さが合っていないよ」と言われてしまいました。
ですので、新しい場所に引越をしたら、カーテンに気をつけなければならないと私はそのとき思ったのです。

引っ越しで荷物を持ち上げる際に、コツ

引っ越しで荷物を持ち上げる際に、コツがあります。中腰で持つのではなく足を肩幅に広げて膝をしっかり曲げて背筋を伸ばした体勢でしてから持ち上げるようにするとよいでしょう。どういうことかというと、荷物を腰より上に持つようにすることで、腕だけではなく体全体で荷物を支えることができるからです。このように重量配分を考えて運ぶと危険度が下がりますね。そのとき、歩くときは、段ボールをお腹にくっつければ、より安定しますので、覚えて置いてください。また、段ボールを一つ一つ運ぶのは効率的でないので、できれば一度に二個は運ぶようにしましょう。

一家のお引越しは荷造りも引っ越し費用も大変!そんな家族の引越し体験談と値切り術大公開☆