引っ越しで荷物を持ち上げる際に、コツ

引っ越しで荷物を持ち上げる際に、コツがあります。中腰で持つのではなく足を肩幅に広げて膝をしっかり曲げて背筋を伸ばした体勢でしてから持ち上げるようにするとよいでしょう。どういうことかというと、荷物を腰より上に持つようにすることで、腕だけではなく体全体で荷物を支えることができるからです。このように重量配分を考えて運ぶと危険度が下がりますね。そのとき、歩くときは、段ボールをお腹にくっつければ、より安定しますので、覚えて置いてください。また、段ボールを一つ一つ運ぶのは効率的でないので、できれば一度に二個は運ぶようにしましょう。